· 

五大栄養素

フードマネージメント(五大栄養素+鉄)

P…タンパク質 F…脂質 C…炭水化物 F e…鉄

ビタミン&ミネラルは、筋肉を成長させるためには、栄養バランスやタンパク質などの適切な摂取量が必要です。ただ、がむしゃらにトレーニングを行なっても理想とする体には近づくことは難しいです。

基礎代謝量UP、脂肪を燃焼、ダイエット、美尻、フィジーク選手のような割れた腹筋に逆三角形になるには、一人ひとりに合ったフードマネージメントが必要になります。

厚生労働省が水準しているタンパク質の量を目安に食事のアドバイスをしています。

タンパク質の一日の摂取量。

運動習慣がなく一般的な生活を送っている人

体重×1g

運動習慣があり成長期の子供

体重×2g

タンパク質の吸収を抑制するビタミンB群。その中でも、①ビタミンB6は、タンパク質を分解してアミノ酸にする酵素と、アミノ酸を別のアミノ酸にする酵素の補酵素として働きます。②ビタミンDは筋肉の増加。肝臓や腎臓で処理された後、カルシウムの吸収を高める役割を担います。

このように不足している栄養を摂取しもらい。取りすぎている「糖質」「無駄な脂質」などは控えてもらうようにしています。

ちなみに、身体の細胞は、80日サイクルで入れ替わり破壊と合成を繰り返します。(また、年齢が若ければ合成スピードは速いという特徴があります。)

ダイエットやボディメイク、ゴルフパフォーマンス向上といった効果を出すには。最低、週二回の筋トレを2ヵ月~3ヵ月は続けることで体に変化が出てきます。