· 

飛距離を20ヤード伸ばす

⚫︎正常な伝達順番

①下半身②体幹部③腕④クラブといった正しい伝達できるとインパクトは強くなります。
⚫︎キネマティック・シークエンスが乱れは、スイングスピードやインパクトの時に悪影響をもたらす。

⚫︎ゴルフスイングが乱れる理由

股関節の内・外旋や胸椎の回旋制限があると

伝達の順番が乱れることで、「スウェイ」「スライド」「アーリー・エクステンション」といった姿勢の消失などがおきます。

⚫︎アーリーエクステンションとは?

ダウンスイング時にゴルファーの股関節と脊椎が直立するのが早くなり、ダウンスイング時に股関節と骨盤がボールに近く事で。

スイング空間が狭くなり腕が引っかかったようなスイングになってしまいます。
ゴルフの飛距離を伸ばしたい方は、「股関節」や「胸椎」といった関節可動域を伸ばす

トレーニングが必要です╰(*´︶`*)╯♡

脂肪を減らすために必要なこと

☑︎基礎代謝よりも摂取カロリーがオーバーしない。

☑︎脂質の少ないタンパク質や野菜中心

☑︎栄養はもちろん筋トレや有酸素トレーニングを行う。

☑︎朝食前の有酸素トレーニング最低20分(早歩き)

このような事を実行する事無駄な脂肪(中性脂肪)は減ってきます。

身体の細胞は、80日サイクルで入れ替わり破壊と合成を繰り返します。また、年齢が若ければ合成スピードは速いという特徴があります。

⚫︎こんなお悩みをお持ちの方

☑︎フィットネスジムに通っても長続きしない

☑︎ゴルフの飛距離を20ヤード伸ばしたい

☑︎痩せたいけど…何をはじめていいか分からない。

☑︎リバウンド経験がある…

☑︎トレーニングパフォーマンスを向上させたい

このようなお悩みの方は、世界でももっと権威の高い運動指導資格の国際ライセンス

全米公認パーソナルトレーナー(NSCA)保有。更に、五年間で10000時間以上(2019年7月)の現場での実績があるトレーナーが責任を持って指導させていただきます。

福岡市の皆さん!

運動を行い一度しかない貴重な人生を活き活きと過ごしましょう(^-^)/

保有資格:世界でももっと権威の高い運動指導資格の国際ライセンス

・全米公認パーソナルトレーナー(NSCA-CPT)

世界基準のゴルフ専門資格

・Titlistゴルフフィットネスプロフェッショナルlevel1(TPI)