· 

肩こりの原因は、肋骨の開きが原因?

福岡 パーソナルトレーニング エクラボディ

〜呼吸筋(横隔膜、多裂筋、腹横筋、骨盤底筋群)の

アプローチ法〜

 

①姿勢と肩こりについて

デスクワークを長時間続けることで背中が丸くなり(円背姿勢)首、肩、腰といった部分に常に負担をかけています。

 

②背中が丸くなる姿勢(円背姿勢)と呼吸の関係性とは?

背中が丸くなる姿勢になると「横隔膜」といった呼吸筋の機能低下がおき「肋骨」が広き呼吸の乱れをおこす原因にもなります。

 

③肋骨が広がる事でおきる身体の問題とは?

人の呼吸は1日に2万回していると言われています。本来であれば、腹式呼吸をするこで「姿勢維持」や「自律神経」の調整といった役割がありますが。

横隔膜の機能低下がおきることで。

☑︎胸式呼吸になる。

☑︎ウエスト周りに締まりがなくなる。

☑︎常に首から肩にかけての筋肉を使った呼吸になる。(1日に2万回やっている状態)

☑︎肩こりの原因。

といった様々な身体の問題がでてきます。

 

④腹式呼吸(横隔膜)の機能を向上させるトレーニングとは?

それは、「腹式呼吸」です。

腹式呼吸といっても正しく呼吸筋の機能を高めるには、赤ちゃんが行う腹式呼吸のトレーニングをすることが重要になります。

 

※呼吸筋(インナーユニット)と言われる、横隔膜、多裂筋、腹横筋、骨盤底筋群といった4つの筋肉のこと。

 

⑤赤ちゃんが行う呼吸トレーニングとは?

②で述べたように、「横隔膜」といった呼吸筋の機能低下がおきる原因の一つは、「肋骨」の開きによっておきます。

 

そこで、呼吸トレーニングの時は「肋骨」が開かないようにサポートするで正しく呼吸筋(横隔膜、多裂筋、腹横筋、骨盤底筋群)が機能することができます。

 

☑︎肩こり

☑︎ウエスト周りの引き締め

☑︎姿勢維持

☑︎スポーツのパフォーマンス向上

といった様々な効果が期待できます。

 

⑥肩こりのまとめ

「肩こり」といっても様々な原因があるので辛い肩こりでお悩みの方は、何が原因で「肩がこっている」のかを知ることが大切です。