· 

腸内環境とダイエット効果

内臓代謝 消化酵素 代謝酵素 ダイエット 体質改善

テーマ「腸内環境とダイエット効果」

 

①結論

ダイエット中に栄養失調になると「脳」や「肝臓」といった糖をエネルギーとする臓器の栄養を保つために筋肉を分解することで「筋肉量の減少」や「代謝低下」がおきることで痩せにくい体質になります。

 

②小腸と吸収

十二指腸、空腸、回腸や小腸の「酵素」の働きにより食べ物を消化し栄養分を吸収します。人間の腸は長いため消化されにくい「お肉」や「飽和脂肪酸」といったベーコン、ソーセージ、ケーキなどの食べ物を大量に摂取すると「消化」「吸収」に時間やエネルギーが必要となるため腸内に物が残り「便秘」といった症状をおき正しく栄養が吸収されなくなります。

 

③分解

例として、お肉や魚などの食べ物に含まれるタンパク質は消化酵素によってペプチド、アミノ酸といった細かく分解されて吸収されます。ですが、小腸中の「絨毛」や「微絨毛」といった機能が低下することで正常に栄養素が吸収されなくなります。

 

④対策

小腸にある絨毛(タイトジャンクション)の本来の機能を正しく機能には、「腸内環境」を良くすることが対策の一つになります。その為に必要なことは、小麦粉を普段から摂取している人は「グルテンフリー」の食生活にすることが大切だと個人的には思います。

 

⑤まとめ

物があふれる時代だからこそ、ついつい余計なものをとってしまいがちですが、コロナウイルス対策としても「腸内環境」を整えることで、アレルギー物質でもある「菌」や「ウィルス」を弾いてくれる絨毛や微絨毛といった「タイトジャンクション」という腸粘膜が正常に機能することで、「花粉症」や「ウィルス」を体内に入りにくくすることも大切です。 

 

私達、エクラボディではお客様1人ひとりの「人生100年時代」を健康なカラダで過ごせるサポートをしていきます。

 

予約

TEL:092-407-7117

mail: eclat.plus002@gmail.com