· 

花粉症と腸内環境の関係

内臓代謝 消化酵素 代謝酵素 ダイエット 体質改善

テーマ「花粉症と腸内環境の関係」

 

①結論

「腸内環境」を整えることで、アレルギー物質でもある「菌」や「ウィルス」を弾いてくれる絨毛や微絨毛がちゃんと働くことで「タイトジャンクション」という腸粘膜が正常に機能することで、花粉症やウィルスを体内に入りにくくしてくれます。

 ※ただし、パンやパスタといった小麦粉に含まれる「グルテン」を普段から多く摂取する生活をしていると、グルテンが絨毛に引っ付いて「タイトジャンクション」といった腸粘膜を傷つけてしまい機能が低下します。

そうなると今まで弾いていた「菌」や「ウィルス」が蓄積され花粉症といった症状になります。

 

②花粉症とは?

花粉症は、「遅発性のアレルギー」なのである一定の許容範囲を超えることで抵抗反応として「鼻水」や「くしゃみ」といった症状がでてきます。

 ※許容範囲は、一人ひとり違います。

 

③まとめ

普段からパンやパスタといった小麦粉を摂取している方は、グルテンフリーの食生活に変えたり、栄養バランスの良い食事を心がけることで「腸内環境」を整えることになり絨毛が正常に機能する手助けになります。

 

私達、エクラボディではお客様1人ひとりの「人生100年時代」を健康なカラダで過ごせるサポートをしていきます。

 

予約

TEL:092-407-7117

mail: eclat.plus002@gmail.com