· 

呼吸と腰痛

内臓代謝 消化酵素 代謝酵素 ダイエット 体質改善

テーマ「呼吸と腰痛」

 

①呼吸と腰痛の関係性

人間は1日平均2万回の呼吸を行っています。

ただし、デスクワークなどの座る作業が長くなると“猫背姿勢”になり自然と腹式呼吸で使う呼吸筋は低下します。

 

☑️姿勢不良

☑️骨盤の歪み

☑️腸の位置が下がる

☑️ぽっこりお腹…etc

 

普段の呼吸をトレーニングによって「横隔膜」「腹横筋」などの呼吸筋が活動的に動くようにすれば「ウエストの引き締め」「腰痛」の予防などの効果が期待できます。

 

②呼吸筋とは

腹式呼吸で機能する筋肉は、「横隔膜」「腹横筋」「多裂筋」「骨盤底筋群」というインナーユニットの4つの筋肉です。

特に、「腰痛予防」において重要な役割を担う「腹横筋」の機能が正しく働き腰椎を安定させ「腰痛」の改善に繋がります。

 

③腰痛改善トレーニング

お勧めする呼吸法は、海外のプロアスリートも行う赤ちゃんが行う腹式呼吸トレーニングがお勧めです。このトレーニングの特徴の一つは広がった肋骨をトレーナーが固定させることで正しく「腹横筋」などのインナーユニットを活動させ腰椎を安定させます。

 

私達、エクラボディではお客様1人ひとりの「人生100年時代」を健康なカラダで過ごせるサポートをしていきます。

 

予約

TEL:092-407-7117

mail: eclat.plus002@gmail.com