· 

ゴルフのミート率・ミート力UPトレーニング (関節の機能編)

内臓代謝 消化酵素 代謝酵素 ダイエット 体質改善

テーマ「ゴルフのミート率・ミート力UPトレーニング

(関節の機能編)」

 

①結論

関節には「安定性」と「可動性」の2つの役割があります。

例)肩甲骨は安定性。胸椎は可動性。

ですが、巻き肩や猫背姿勢の方は「胸部の拘縮」や「背面の筋力低下」が原因で胸椎の可動域制限がおきます。十分な胸椎の回旋ができないと代償として「全身での回旋」や「腕優位の回旋」になることで、姿勢の消失やスウェイといったスイングになります。

 

※Joint by Joint Theory

 

②巻き肩や猫背姿勢タイプから考えられる事

☑︎C字姿勢(アドレス時に背中が丸くなる)

☑︎スイング中のフォームの崩れ

☑︎フックやプッシュアップしやすい

 

③ミート率・ミート力UPトレーニング

フォームローラーやトリガーポイントボールなどで拘縮した胸部を緩めます。

その後に、「肩甲骨」や「胸椎」回旋エクササイズで正しい動きを習得する事が大切になります。

 

私達、エクラボディではお客様1人ひとりの「人生100年時代」を健康なカラダで過ごせるサポートをしていきます。

 

予約

TEL:092-407-7117

mail: eclat.plus002@gmail.com