· 

首こりや肩こりにお悩みの方へ(広背筋編)

首こり・肩こりと姿勢の関係性について

普段からデスクワークやスマートフォンを長時間使用している方は、骨盤が後傾となり姿勢不良になることで「広背筋」という背中の筋肉が硬くなります。

代償として肩関節が内旋し「巻き肩」や「猫背」姿勢となり首が前にでることで首や肩に負担がかかり「肩こり」になります。

 

広背筋の解剖学

簡単に広背筋を紹介します。

起始部は、正中仙骨稜、腸骨稜、第7胸椎、第9〜12肋骨から肩甲骨の下角に付着し上腕骨内側の小結節に停止します。

※特徴は、広背筋が硬くなると内旋作用が強くなり「巻き肩」や「猫背」姿勢になります。

 

首こり・肩こり改善

① 普段よりも長めにお風呂に浸かり体を温めたあとに、ヨガのポーズにあるダウンドックを行うのも効果的です。

②整えた後に姿勢筋でもある「腹横筋」や「多裂筋」などの筋肉を鍛える腹式呼吸トレーニングを行うことがお勧めです。

 

<Point>

腕から骨盤まで付着するため、脇付近から骨盤を引き離すようにストレッチを行いましょう。

 

私達、エクラボディではお客様1人ひとりの「人生100年時代」を健康なカラダで過ごせるサポートをしていきます。

 

予約

TEL:092-407-7117

mail: eclat.plus002@gmail.com